看護師のイメージ

看護師のイメージって、気になりませんか?たとえば男性は看護師のイメージについてどう思っているかとか、一般の人が持っている看護婦のイメージも知りたいですよね。そこで今回は男性や一般の人が看護師に対して、どんなイメージを持っているかを検証してみます。

男性が付き合ってみたいとか、結婚したい女性の職業アンケートで、必ず上位にランクインするのが看護師です。多くの男性が看護師に、白衣の天使というイメージを抱いているようです。白衣の天使という言葉には、献身的に面倒をみてくれるというイメージがあるようです。

女医とか客室乗務員を抑えて必ず上位にランクインする看護婦ですが、なぜか一方ではシングルマザーのイメージもあるようです。つまり結婚しても、離婚率が高いイメージです。看護婦の離婚率が高いのは、イメージでなく現実かもしれませんが。

そもそも看護婦の離婚率が高い前に、看護婦の未婚率が高い方が気になります。 多くの男性が看護婦と付き合ってみたいとか、結婚したいと思っているのになぜ看護婦の未婚率が高いのか不思議ですよね。その理由として考えられるのは看護婦の仕事には、夜勤や残業があることも無関係ではないと思います。

入院患者さんがいる病院に勤めていれば、当然ですが夜勤や残業があります。そうするとたとえ彼氏ができても、デートする時間さえなかなか取れません。そうすると白衣の天使という、イメージもだんだんと薄れていきます。看護婦の未婚率が高いのも、過酷な労働環境にその原因があるのかもしれません。

次に一般の人が看護師に対して持っている、イメージとはどんなイメージなのでしょうか?看護師に対してのイメージは病院に入院したことがある人と、そうでない人では違うようです。たとえば病院に入院したことがある人の場合は、病院でテキパキと仕事をこなしているイメージと看護婦の仕事は大変な重労働でと思っている人が多いようです。

あまり病院に縁がなく入院したこともない人の看護婦のイメージは、清潔感にあふれ笑顔が素敵な白衣の天使のイメージが多いようです。なかには汚い・危ない・きついという、3Kのイメージを看護師に対して持っている人もいますがあくまで少数派です。

おおむね看護師のイメージは、好意的なイメージが多いようです。看護婦の医療ミスが新聞やテレビなどで報道されたりしますが、看護婦の仕事にはもっと誇りを持ってもいいと思います。大変さはありますが、一般の人が看護師に対して持っているイメージはいつまで経っても白衣の天使なのです。

離島での看護師求人情報 マイナビ看護師 ※公式

Copyright (C) 2007-2013 看護師30歳の年収. All Rights Reserved.